婚約指輪の全てがわかるサイト » 指の太さや色で選ぶ婚約指輪~太い指でも似合うリングを紹介~
指から選ぶベストリング(イメージ)

指の太さや色で選ぶ婚約指輪

あなたに似合うのはどんな指輪?

指のタイプから似合う指輪を知ろう

スラリとした長い指、がっちりとした短い指等、指のタイプによって似合う指輪が違います。指輪のデザインや色だけに魅かれて購入すると、後から「似合わなかった」ということにもなりかねません。ここでは指のタイプに合う指輪を紹介しています。

  • その1

    くてい指

    オススメ 華やかなデザイン
    ストレートライン
    NG 華奢なもの
    ただし重ね付けで解消可能!

    オススメの理由

    指が長くて細い人は、どんなデザインでもマッチするので、自分の好きなリングを選んでOK。ボリューム感がほどよくあり、華やかなデザインを選ぶと、手先に美しさが協調されて、より綺麗に見えるでしょう。またストレートラインのリングは、手元が引き締まって、きりっとした雰囲気になります。少し意外ですが、個性的なデザインも似合うので、色んなデザインにチャレンジしてみると、新しい世界が広がるかも。

    NGな理由

    相応しくないのは、華奢なデザイン。貧弱に見えて婚約指輪が映えません。どうしても豪華にしたい場合は、結婚指輪と重ね着けするといいでしょう。

  • その2

    くてい指

    オススメ ボリュームのあるもの
    幅広アーム
    NG 細くて華奢なもの

    オススメの理由

    太くて長い指の人は、しっかりとした安定感があり、女性らしい印象があります。このタイプの人におすすめなのが、ボリューム感があり、個性的なデザインの指輪です。特にアームの幅が広いしっかりとしたリングは、横のラインが強調されても、指輪とのバランスがよくなり太くて長い指を美しく見せてくれます。また地金部分に彫り加工を施した個性的なデザインもおすすめです。太くてしっかりした指によく映えて、華やかな印象を与えます。

    NGな理由

    太くて長い指の人が避けたいリングは、華奢な指輪です。細身のリングを着けると、かえって指の太さが強調されて、指太に見せてしまいます。

  • その3

    くてい指

    オススメ V字などアームに動きがある
    センターに宝石がある
    NG ストレートなもの

    オススメの理由

    太くて短い指の人は、赤ちゃんのようにふっくらとした、可愛らしい手をしています。このタイプの人におすすめするのが、V字やウェーブラインのように、フレームに動きがあるデザイン。可愛らしい指を強調してくれます。特に縦のラインが強調されると、指がスラリと長く見えるので効果的。またリングのセンターにダイヤなどを置くと、視線が石の方に移るので指の太さが気にならなくなります。

    NGな理由

    このタイプの人が避けたい指輪は、ストレートタイプの指輪です。中でも幅広タイプの指輪は逆効果で、指の太さを強調してしまいます。可愛らしい指を印象付けるためにも、絶対に避けましょう。

  • その4

    くてい指

    オススメ S字のもの
    V字のもの
    NG ボリュームのあるもの

    オススメの理由

    短くて細い指の人は、リングのデザインを選ばないので、色々な指輪が楽しめます。でも短い指が気になって……。そんな人には、S字ラインやV字ラインがおすすめです。アームに動きがあるので、指を長く見せる効果があります。特に指をスラリと見せたい場合は、V字ラインよりもS字ラインがおすすめです。小指に向かってフレームが下がるデザインなので、指の面積が広くなって長く見えて、より効果的です。

    NGな理由

    このタイプの人が避けたいのが、ボリューム感のある指輪です。指輪がどっしりしていると、指が太い分、かえって指が貧相に見えてしまうので、気をつけましょう。

  • その5

    関節い指

    オススメ シンプルなデザイン
    NG センターが大きいデザイン

    オススメの理由

    関節が太い人は、がっしりとした印象があります。このタイプの人は、デザインを選ばないので、気になるデザインがあれば迷わずに挑戦しましょう。中でもインパクトのあるデザインや、ボリューム感のあるタイプ、全体にデザインが入っているリングは、視線がリングにいくので、関節の太さが気にならなくなります。ぜひ、チャレンジしてみて下さい。

    NGな理由

    このタイプの人が避けたいのは、センターダイヤをセットしたようなセンターが大きいデザインの指輪です。関節が太いと指輪を着けた時に回転しやすく、ダイヤが指の裏側に回ってしまいます。せっかくのダイヤが表に見えないなんて、もったいないですよね。