婚約指輪の全てがわかるサイト » 婚約指輪の基礎知識 » 婚約指輪に入れるメッセージや刻印

婚約指輪に入れるメッセージや刻印

みんなはどうしてる?指輪に刻印やメッセージを入れるor入れない?

 

婚約指輪に入れる、刻印やメッセージは、二人の愛の証を刻んだもの。全体の46%の人が刻印を入れているそうです。「入れる派」vs「入れない派」の比率は五分五分ですが、最近では華奢なデザインのリングが多く、入れたくても入れられないというケースも増えてきているようです。

  • 刻印を入れた派の意見

    婚約指輪はプロポーズの記念となる大事なものですからね。何はさておき「永遠の愛」という意味の文字と、二人のイニシャルを刻みました。これを見るたびに、プロポーズされた時のことが蘇ってきます。

    日付とイニシャル、そして二人が大好きな歌のタイトルを刻印しました。その曲は私たち二人をよく表している、意味深い歌です。二人ともいつも初心を忘れないように。そんな思いを込めて刻印しました。

  • 刻印を入れない派の意見

    本当はメッセージを入れたかったのです!でも、私の指のサイズがあまりにも小さく、リングサイズが小さすぎたので、刻印は難しいとのこと。入れられたとしても、文字が限られてしまうので、断念しました。

    彼が勝手に婚約指輪を買ってきてしまいました。だから刻印は何も入れていません!その変わり、ミッキーの顔の真ん中に宝石を埋め込んでくれたので、それを刻印代わりだと思うようにしています。

  • 婚約指輪に刻印を入れる際に注意すること

    気合を入れて、婚約指輪に刻印する文字を二人で考えたのに入れることができなかったり、使いたいフォントがなかったり…刻印にまつわる失敗があるようです。失敗が許されない婚約指輪の刻印。だからこそ気を付けておきたいことをピックアップしました。


    デザインによっては入れられない場合も!

    デザインありきの婚約指輪。デザインや石のセッティング状態によっては、刻印スペースを充分に取れない場合があり、刻印を入れられません。またリングによっては「3文字以内」「日本語不可」など、刻印できる文字に制限がある場合もあります。


    ブランドによって使える文字などが異なる

    刻印できるフォントはブランドごとに異なり、フォントの指定が難しい場合があります。どうしても使いたいフォントがある場合や、自筆の文字を入れたい時は、購入予定のブランドで対応してもらえるかどうか、調べておく必要があります。


    お直しする可能性も考える

    指輪のサイズが合わなくなってお直しをする時、長い文章の刻印をびっしり入れていると、文章が途切れてしまうことがあります。また経年劣化で磨き直しをする時に、刻印が消えてしまうことも。お直しや磨き直しの可能性も考えておく必要があります。


    英語のスペル間違いに注意!

    英語で刻印する時に気をつけたいのが、うっかりミス。うろ覚えのままオーダーしたら、スペルが違っていた!という人も少なくないようです。また、よく見たら意味が違っていたという場合もあるので、文字の意味もきちんと確認しておくことも大事です。

  • 何を刻む?刻印アイデア集

    いざ刻印やメッセージを入れようとすると、何を刻んだらいいのか迷ってしまうことがあります。名前や日付などが多いようですが、アイデア次第で独創的な刻印も入れられます。ここでは様々な刻印のアイデアをご紹介。組み合わせて使ってもOKですよ!


    名前やイニシャル

    名前やイニシャルを入れる場合は、「Taro to Hanako」のように、最初に男性のイニシャルを入れ、その後に女性が続くのが一般的です。リングのサイズが小さくて、名前が全部入らない場合は、「T to H」のように頭文字だけにしてもOKです。


    日付

    互いの誕生日や結婚記念日などが一般的です。また付き合い始めた記念日やプロポーズ記念日など、二人だけの記念日を刻印すると、折に触れて二人の愛を確かめ合うことができるので、永遠の愛を紡ぐことができそうです。


    メッセージ

    彼女への愛の言葉や、プロポーズの言葉などを、メッセージにして刻印すると、男性の変わらぬ想いが女性に伝わります。プロポーズの時に、婚約指輪に愛のメッセージを入れて贈れば、男性の想いが必ず女性に伝わるでしょう。


    連絡先

    3.11の東日本大震災以降に増えているのが携帯電話や血液型など、その人が特定できる連絡先や情報。万が一災害に見舞われても、リングに電話番号が刻んであれば、何らかの形で必ず連絡が取れる…そんなふうにお互いをいたわる想いが込められています。