婚約指輪の全てがわかるサイト » 婚約指輪の基礎知識 » 結婚指輪と婚約指輪の重ね付けが可愛い!セットリングの魅力を紹介

結婚指輪と婚約指輪の重ね付けが可愛い!セットリングの魅力を紹介

婚約指輪…それは、せっかく高いお金を出して買ってもらったにもかかわらず、タンスの中に眠ってしまう宿命でした。

「せっかく旦那がプレゼントしてくれた婚約指輪、結婚指輪と同じようにずっとつけていたい」と思う女性も多いのでは。

そんな女性たちの願いから生まれたアイディアが「結婚指輪と婚約指輪の重ね付け」。最近では重ね付けを前提としたセットリング(婚約指輪と結婚指輪のセット)のデザインも多く販売されています。

当ページでは思わず「欲しい!」と思うような重ね付けリングや、重ね付けの気になる注意点など、「よくわからないけど興味ある!」と言う方のために、セットリングのアレコレを分かりやすく紹介していきます。

タンスの中にしまっておくのはもう古い?新しい結婚指輪の形

セットリング(重ね付け指輪)はその名の通り、結婚指輪と婚約指輪両方を左の薬指に一緒に嵌めるもの。そうなると気になるのが、デザインのレパートリー。重ね付けの分、種類やタイプが少ないのでは?と気になりますよね。

しかし、そんな心配はいりませんでした!意外にも各ブランド、様々なセットリングが用意してあり、指輪選びを十分に楽しめる模様。現代では、重ね付け、セットリングはもうお既に新しい結婚指輪の形となっているみたいです。

ここでは編集部が気になったデザインのセットリングを3つほど紹介していきます。

俄(にわか)のセットリング「結」

俄(にわか) 結(商品画像)

引用元:俄 http://www.niwaka.com/bridal/niwaka/set-ring/yui.html

個性的なデザインのリングを取り揃えている俄。セットリングでも、1つ1つに個性があります。それなのに、ゴチャゴチャせずスタイリッシュに見せられるのが俄のデザイン力といったところでしょう。

またリングにリングがついているという、ちょっぴりおちゃめな遊び心も魅力的ですね。

エクセルコダイヤモンドのセットリング「レーヌ ド コロール」

引用元:エクセルコダイヤモンド https://www.exelco.com/bridal_jewelry/setring/reine_de_corolle.php

銀座ダイヤモンドシライシのセットリング「ラディアント デイズ」

引用元:銀座ダイヤモンドシライシ http://www.diamond-shiraishi.jp/setring/radiantdays.html

知る人ぞ知る「高品質なのにお財布に優しい」ブランド、ダイヤモンドシライシのセットリング。ブランドの品格がしっかり受け継がれているので、重ね付けをしても洗練された印象になりそうです。

どちらのリングも細身ですが、曲線とダイヤの美しさで存在感があります。曲線の美しいリングは指を綺麗に魅せてくれるので、まさに、大人女子にはたまらないリングではないでしょうか。

セットリングは大変?重ね付けの注意点

婚約指輪も結婚指輪もずっと続けていられるセットリング。薬指を見るたびに、2倍の幸せを感じられそうですね。プレゼントした側の男性も、タンスの奥にしまってあるより嬉しいのではないでしょうか。

しかし、次に気になるのがデメリット。何か困ることはないのかな?と考えてしまいますよね。ここではセットリングを選ぶ際に注意したいことを3つ紹介します。

  1. サプライズができない
    婚約指輪は二人で選ぶカップルが多いですが、結婚指輪は「サプライズがしたい!」と考える男性が多いはず。
    しかし、セットリングとなると婚約指輪と結婚指輪を一緒に購入することになるので、女性がデザインを選べないという難点が。
    その場合、セットリングで探さずに、重ね付けしても可愛いデザインを用意しておくというのもいいかもしれませんね。
  2. 2倍の重さが指にかかる
    当然と言えば当然なのですが、重ね付けをすれば、その分指に倍の重さがかかります。
    毎日つける物なので、軽いに越したことはないですよね。
    重さが気になる方は、なるべく細身の物を選ぶようにしましょう。
  3. シンプルなものが多い
    最近ではデザインのバリエーションもかなり豊富になりましたが、それでも単品と比べると、シンプルなものが多い気がします。
    1つ1つをド派手にしたいという方には向かないでしょう。
    どうしても派手なものを重ね付けしたいのであれば、自分で単品商品から2本選んでつけるという手もあります。

いかがでしたか。セットリングと言っても、もとは1本の指輪なので、変わったメンテナンスの心配も特にありません。

いつでも、どちらもつけていたい!という女性はぜひ一度、セットリングのラインナップもチェックしてみてくださいね。

婚約指輪は必要?婚約指輪は「想い」でもある。

プロポーズの定番である婚約指輪。とびっきり綺麗な景色の中で、とびっきり綺麗な指輪をプレゼントされる…女性なら一度はそんなプロポーズに憧れたことがあるのではないでしょうか。

しかし、プレゼントする側の男性からしたら、なかなか大きな出費です。婚約指輪を買って、結婚指輪を買って…さらには結婚式、お財布の中身が追いつかなくなってしまいそう。

しかも「婚約指輪は給料3ヶ月分」なんて言われた時には、心が挫けそうになる方もいるのではないでしょうか。

さてこの結婚指輪。そもそもなぜ結婚指輪を渡すのに、婚約指輪まで渡さなければいけないのでしょうか。

実は、婚約指輪にもちゃんと意味があります。

結婚指輪は永遠の愛を誓うものですが、婚約指輪はいわば「保険」です。

もしも、稼ぎに出てくれていた夫の身に何かあったとしたら。

家を守っていたお嫁さんが働きに出なければいけない、そんな未来も考えられますよね。

今でこそ女性が働きやすい環境になりましたが、昔は女性が働くには少々厳しい時代でした。そんな時に、この婚約指輪を売って、せめて働ける環境が整えられるまでの間、生活に困らないように…そんな思いを込めて渡されるようになったのです。

なので、タンスの中に眠ったままという状態は、ある意味正解なのかもしれませんね。

もちろん、必ず渡さなければいけないものでも、高いものを買ってあげなければいけないものでもありません。ただ、「なんで婚約指輪まで?」と嘆いている男性がいたら、ぜひこのエピソードを教えてあげてください。