婚約指輪の全てがわかるサイト » 婚約指輪の基礎知識 » 婚約と結婚って具体的に何が違うの?

婚約と結婚って具体的に何が違うの?

結婚と婚約の具体的な違いをご存知?

婚約と結婚は、もちろん違います。それは誰でも知っていることなのですが、では具体的にどのような点において婚約と結婚は異なるのでしょう? ここでは、結婚と婚約のそれぞれの定義を確認し、両者の違いを明らかにします。あわせて、婚約状態を安定的なものにするための儀式についても見ていきましょう。

結婚とは、法的に夫婦であることが認められた状態のこと

結婚とは、法的に夫婦であることが認められた状態のこと。正式には「婚姻」と言います。
男女が結婚をするために必要な要件は、役所に「婚姻届」を提出すること。たとえ結婚式や披露宴を執り行なっても、役所に「婚姻届」を提出していない限り、法的には二人が結婚したとは認められません(※)。

男女が結婚をすると、夫婦にはいくつかの法的な変化が生じます。

・夫婦間に相続の権利が発生する
・夫婦が同じ名字となる(※)
・夫婦で協力して生計を立てる義務が生じる
・原則として夫婦は同居する義務が生じる
・互いの面倒を見る扶養義務が生じる

つまり結婚とは、様々な法的変化を伴う男女間の契約、ということができます。

(※)いわゆる事実婚(内縁状態)や夫婦別姓の問題に関しては、現在でも様々な議論が行なわれています。

婚約とは、結婚を約束した状態のこと

婚約は結婚とは異なり、婚約状態を証明するための公的な手続きなどはありません。男女のどちらかが結婚したいと申し出て、相手がその申し出に同意した時点で婚約は成立します。
つまり婚約とは、結婚に向けた男女間の意志の共有のこと。意志の共有だけが婚約の要件なので、結婚とは違って何らかの法的な変化が生じるわけではありません。

二人の間に法的な変化が生じないということは、見方によっては、婚約はとても不安定な状態と言うこともできます。些細なことがきっかけで、婚約破棄などの不義理な事態に陥らないとも限りません。
そこで、結婚に向けた二人の意志や環境を安定的にさせるために、世界中では、婚約を確定させる様々な儀式が執り行われています。

以下、婚約状態を安定的にさせるための様々な儀式について見ていきましょう。

婚約状態を表す様々なスタイル

婚約状態を安定的なものにする目的で、世界中では様々な儀式が行なわれています。その一部を見てみましょう。

結納

結納は、古来日本で行なわれている婚約のための儀式。婚約状態を安定させるために、男女の両家の間で互いに贈り物を交わします。かつては仲人が両家の間を往復して贈り物を届けるスタイルが一般的でしたが、現在ではホテルや料亭などで両家が集って贈り物を交わす「略式結納」が一般的となってきました。

婚約指輪

男性から女性に対し婚約の意志を込めた指輪を贈り、女性がその意志に同意した時点で婚約成立となります。プロ―ズの際に婚約指輪を贈ることもあれば、プロポーズの後に婚約指輪を贈ることもあります。婚約指輪として一般に好まれるのは、ダイヤモンドリングです。

プロポーズ

相手に結婚をしたい意志を伝えること。相手がその意志に同意することで婚約が成立となります。口約束だけの場合もあれば、婚約指輪を添えてプロポーズをすることもあります。

相手の親への挨拶

双方の親に対する挨拶をもって婚約成立と見ることもできます。通常は、先に男性が女性の親に挨拶をします。次いで女性が男性の親に挨拶をします(婿の場合は順番が逆です)。たとえ交際中から先方の親と親しくしていたとしても、婚約・結婚を正式に決めた場合には、改めてきちんと挨拶に伺うことが大事です。

両家親族の食事会

両家の親族がホテルなどで食事会を設けることで、婚約成立とするカップルも増えています。結納との違いは、仲人がつくかどうか、贈り物を交わすかどうかなど。結納にならい、食事会において簡単な贈り物を交わす例も見られます。

婚約パーティー

両家の親族や友人などが集い、婚約パーティーが催されることもあります。一般には欧米で見られる風習ですが、昨今では日本でも結納代わりの儀式として見られるようになってきました。パーティーの前に結婚記念品などを交わすこともあります。

婚約式

婚約式とは、キリスト教で見られる風習。神父さん誘導のもと、参列者の前で婚約誓約書にサインをしたり、婚約指輪などの贈り物の交換が行なわれたりする厳粛な儀式です。神道においても、神社にて同様に婚約の儀式が執り行われることがあります。

婚約通知

婚約したことを親族や知人等に通知することで、婚約状態を安定化させることもあります。一般的にはハガキなどの書面で通知しますが、最近ではメールでの通知も多くなってきた模様です。

婚前契約書

結婚後の互いの責任や義務などを契約することによって、婚約成立とする考えもあります。ライフスタイル、互いの親族とのかかわり方、お金の管理など、契約に盛り込む内容はカップルによって様々。欧米では4組に1組が婚前契約を結ぶと言われています。