婚約指輪の全てがわかるサイト » 婚約指輪の基礎知識 » 既製品とオーダーメイドについて

既製品とオーダーメイドについて

婚約指輪の既製品とオーダーメイドの違い

婚約指輪は、大きく分類すると、既製品とオーダーメイドにわかれます。さらにオーダーメイドには、セミオーダーとフルオーダーがあるので、違いを抑えておくと、迷わずにすみます。ここではそれぞれの違いやメリット、デメリットについて紹介します。

  • 既製品

    既製品は既に完成している婚約指輪で、レディメイドともいい、5割の人が既製品を購入しています。店頭にあるものを見比べて選ぶことができ、実際に試着して、付け心地や手元とのバランス、雰囲気などを確認して、自分に合った指輪が購入できます。既製品とはいっても、仕上げ加工や刻印、石の追加などができるので、オリジナリティを出すことも可能。その日に持ち帰りができるケースはまれで、納品までに1ヶ月程度かかることが多いようです。

    既製品を購入した人の口コミ

    ブランドをいくつか周り、「ティファニー」のシンプルなリングに決めました。既製品でしたが、ダイヤの輝きや繊細な爪留め、なめらかなアーム。どれをとっても、他のブランドと全然違います!

    普段使いにしたかったので4℃の既製品のリングを選びました。シンプルですが、角度によって指がきれいに見えるように考えられたデザインは、とても素敵です。毎日つけられるリングと出合えて満足です。

  • セミオーダーメイド

    婚約指輪を購入した人の約4割の人がセミオーダー。「婚約指輪は特別なもの。だからこそ世界にひとつの婚約指輪を作りたい」そんな気持ちの現れから、定番化してきたようです。リングの素材や太さ、デザイン、宝石の種類、宝石を埋め込む位置や数などを、自由にカスタマイズできるので、自分の好みを反映させながらも、予算内に収めることができます。ブランドによって、デザインや素材など、対応できる内容が異なります。また納期が最低1~2ヶ月かかるので注意が必要です。

    セミオーダーを購入した人の口コミ

    何軒も回りましたが、高品質のダイヤを良心価格で買えるアイプリモに決めました。デザインがたくさんあって迷いましたが、セミオーダーでオリジナリティを出せたので、最高のリングが出来ました。

    憧れのカルティエ。店員さんは接客のプロで、私の希望をくみ取って的確な提案をしてくれたので、驚いてしまいました。ハイブランドなのに、予算内でセミオーダーのリングが作れたので感激しています!

  • フルオーダーメイド

    ジュエリーデザイナーがデザインを一から書き起こして作る、完全オリジナルの婚約指輪です。まさに、世界でただ一つの「オンリーワンの指輪」。石やアームの素材、リングのデザインまで、自分の好みが反映でき、オリジナリティを持たせることができます。デザイナーと一緒に一から作り上げていく楽しさがありますが、職人の腕によっては、イメージと違うものができあがることがなきにしもあらず。納得できる指輪を作るには、センスのいいデザイナーや、腕のいい職人、信頼できるブランドを選ぶことが大切です。

    フルオーダーを購入した人の口コミ

    全ての行程を一貫して自社で行っているので、フルオーダーなのに既製品レベルの良心的なお値段!こちらの要望を取り入れて、ひとつひとつを作り上げていくので、イメージ通りの指輪ができました。

    デザイナーさんと、いろいろ相談しながら、デザインを決めていきました。「もうちょっとこうしてほしいな」と伝えると、きちんと取り入れて下さり、世界でたったひとつのオリジナルリングができたので、感激しています。