婚約指輪の全てがわかるサイト » 婚約指輪の基礎知識 » 婚約指輪をわたすorもらうベストなタイミングは?

婚約指輪をわたすorもらうタイミングの理想って?

みんなはどうしてる?婚約指輪をわたすorもらうタイミングって?

結婚を誓ったカップルが永遠の愛を刻む婚約指輪。プロポーズの日、2人の記念日、クリスマス、結納時など、婚約指輪をわたすのにピッタリなシーンは豊富にあります。

でも、両家の風習による違いや、自分と相手との気持ちのズレなどが原因で婚約指輪をわたすorもらうタイミングを掴みきれないカップルもいるそうです。ここでは事例や解決策を紹介します。

  • 婚約指輪をわたすorもらうタイミングが掴めない理由は?

    さまざまな事情により婚約指輪をわたすorもらうタイミングを逃してしまったというケースは少なくありません。ここでは、タイミングを掴み損ねた原因を紹介します。

    地域による風習

    結婚をする前に結納を行なうカップルも多いと思います。その場合、ホテルで結納を行なうケースがほとんど。ホテル側が仕切って日程を進めてくれますが、地域によって結納の風習が多少異なります。場所によっては結納時の日程に婚約指輪をわたすことが組み込まれているので、そのスケジュールに合わせてプロポーズの時や記念日などに婚約指輪をわたさずにいる男性がいるようです。

    でも、ホテル側が用意したプランに婚約指輪をわたす日程が組み込まれていなかった場合は、自身で婚約指輪をわたす機会をつくる必要があります。結納を行なう時点では、プロポーズを終えている男性が多いので、指輪をわたすタイミングがなかなか掴めないという事態になってしまいます。


    指輪が完成しなかった

    婚約指輪をわたす日は前もって決めている、という男性も多いのではないでしょうか?でも、残念ながら婚約指輪をわたすと決めていた日に指輪が完成しなかったという失敗例もあるそうです。

    もし婚約指輪をわたす日が決まっているのであれば、できるだけ早めに指輪の制作をお願いするのがベスト。婚約指輪はセミオーダーやフルオーダーになると完成まで2~3ヵ月必要です。

    既製品を購入したとしても、サイズ直しをするため受け取りまで約1ヵ月はかかります。完成が間に合わなくて彼女に婚約指輪をわたすタイミングを逃すと、次のタイミングをなかなか掴めないという状況に…。婚約指輪の制作は、わたす日から逆算して遅くとも指輪をわたす前日までにショップから受け取れるように計画しなくてはなりません。


    認識のズレ

    お互いに認識のズレがあると婚約指輪をわたすorもらうタイミングを逃してしまう可能性があります。女性側が婚約指輪を楽しみに待っていても、男性側が「指輪は気分が向いたときにつくればいいや」という考えでいると、わたすorもらうタイミングを逃すどころかつくらないまま挙式を向かえてしまうことがあるので注意が必要です。

    また婚約は人生での大きな決断の1つ。「結婚をOKしてくれるかな」と弱気になってしまう男性が多く、なかなか指輪をわたす決断ができずにタイミングを逃してしまうケースも。

    お互いに結婚したい気持ちはあっても二人の間に認識のズレがあると、もらうタイミングが先延ばしになってしまいます。

  • 婚約指輪をわたすorもらうタイミングを逃さないためには?

    記念日をつくる

    2人が出会った日やはじめてデートをした日などを記念日として設けると婚約指輪をわたすきっかけになります。プロポーズの日やクリスマス、誕生日のほかにも2人にとって特別な日はたくさんあるはずです。指輪をわたしたいと思っていた日に指輪が完成しなかった場合は、2人の思い出を振り返って記念日を探してみましょう。ささやかでも改めて記念日を設けてみると、婚約指輪をわたすorもらうタイミングだらけだと気づくはずですよ。


    お互いの実家の風習を確認する

    相手の実家が結納時に婚約指輪をわたす風習がある地域かどうかを、あらかじめ確認しておきましょう。事前に知っておくことで慌てずに結納を迎えることができます。結納は挙式の1~3カ月くらい前に行なうのが一般的。結納には結納品、結納返し、手土産、引き出物などたくさん準備するものがあります。結納当日に婚約指輪をわたすのであれば、なるべく早いうちに指輪の制作をお願いしておくのがベター。婚約指輪は他の準備品と比べて受け取れるまで時間がかかるので、最優先で考えるようにしておきましょう。


    婚約したらお互いの認識をすり合わせる

    婚約指輪をわたしたいorもらいたいタイミングが二人の間で違っていて、なかなか前に進めなないという事態を避けるために、結婚を決めたら婚約指輪をつくるタイミングについても話し合うのがおすすめです。婚約指輪をわたすorもらう理想のタイミングは人それぞれイメージがあるので、早い段階でお互いの認識をすり合わせておきましょう。そうすればタイミングを逃すことなく、両家の顔合わせ、結納、挙式も順調に進められますよ。

    2人の意見をピッタリと合わせることは難しいかもしれませんが、後悔しないように話し合っていきましょう。どうしても迷ったら挙式の半年前を目安にしてみてください。この時期なら結納にも間に合いますよ。

  • 婚姻に関わる催事ごとを順調に終えるためには?

    結婚するときは婚約指輪、結納、結婚式、披露宴、引越し、新婚旅行など、婚姻に関わる催事に費用がかかります。そのため、予算配分を早いうちから取り決めておくことが必要です。ある程度、計画を練っておくと予想外の出費で困ってしまう事態を防げるので、スムーズに催事を行なえるようになりますよ。


    結婚生活では2人で乗り越えなくてはいけない壁にぶつかることも多いもの。この時期の過ごし方を見れば、今後の生活をお互い計画的に過ごしていけるか判断することもできるでしょう。相手が結婚をどれだけ真剣に考えているかもわかります。


    婚約指輪の制作はデザインを考えたり、たくさんの素材の中から指にピッタリのモノを選んだりと、2人で行なう大事な共同作業です。お互いを理解し合うことの大事さに気付ける最初の機会になり得るため、わたすorもらうタイミングを待っているだけでは後悔することもあるかも。結婚はタイミングも大事ですが勢いも必要です。自分から機会をつくっていかなければ何もはじまりませんよ。