パヴェ

ゴージャスで華やかなパヴェ

Pave

パヴェはフランス語で敷石を意味します。敷石のように敷き詰められたメレダイヤが華やかな輝きを放ちます。このページでは、パヴェの特徴や婚約指輪を紹介しています。

パヴェの特徴

  • アームが幅広だとよりゴージャスに!

    メレダイヤをちりばめたパヴェは、どんな位置からでもダイヤが輝いて見えるので、それだけでも存在感があります。メレダイヤの数や埋め込む場所、アームの幅によって表情が変わります。数が少ないと落ち着いた雰囲気を醸し出し、幅広になるほどゴージャスで華やかな印象になります。ただし、お値段はかなり高額です。

  • ダイヤがはずれるのは宿命!?

    メレダイヤを埋め込んでいるので、リングが歪んだり変形したりすると、ダイヤが外れやすくなったり、外れてしまったりすることもあります。パヴェの宿命なのかもしれませんが、身に着ける時には気をつけて。中にはストッキングに引っかかっただけで外れるものもありますので、購入時にはメンテナンスまで考えておくといいでしょう。

  • サイズ直しはできない場合が多いので注意

    アームにメタダイヤを埋め込んでいるので、サイズ直しができないケースがほとんどです。ブランドによってはサイズ直しができるとうたっているところもありますが、直しをするとデザインが微妙に変わる恐れがあります。あまりおすすめできません。またサイズがわからない場合は、サプライズでパヴェを贈るのは避けたほうが無難です。
     

パヴェの婚約指輪オススメ3選

  • INFINITO e03in
    引用元:ポンテヴェキオ公式HP (http://www.pontevecchio.jp/bridal/engagement/#/bridal/engagement/infinito/e03in.html)

    途切れることのない永遠の愛をつなぐINFINITO

    INFINITO e03in(インフィニート)
    /ポンテヴェキオ/397,440円

    二人の愛が、途切れることなく永遠に続くように。そんな思いが込められている、パヴェのフルエタニティリングです。K18ホワイトゴールドのアーム全周には、メレダイヤがぐるりと埋め込まれています。さらにリングの両側面にもメレダイヤをあしらった贅沢なリングです。シンプルな細身のラインは、ゴージャスさの中にもエレガントな落ち着きがあり、メレダイヤの繊細な輝きがより一層、引き立ちます。婚約指輪の中でも人気の高いシリーズです。

  • PAVE
    引用元:ラザールダイヤモンド公式HP (https://www.lazarediamond.jp/collection/engagement/pave.php)

    バラの花のようにあでやかさで美しいPAVE

    PAVE(ペイヴ)/ラザールダイヤモンド/489,000円

    センターダイヤモンドを挟むように、両サイドに厳選された0.20カラットからのメレダイヤを30個、贅沢にちりばめた極上のパヴェのリングです。散りばめられたメレダイヤはゴージャスで、まるでバラの花びらが咲き誇るかのような艶やかさがあります。光が差し込むと繊細に輝き、センターダイヤの華麗な輝きを一層引き立ててくれます。ゴージャスでありながも凛とした品格を感じさせてくれる、ラグジュアリーなリングです。

  • Fabiola
    引用元:エクセルコ公式HP (http://www.exelco.com/catalog/engagement-ring/fabiola/)

    王族にも愛された完全美を再現したFabiola

    Fabiola(ファビオラ)
    /エクセルコ/430,000円(税抜)~

    ベルギーの元ファビオラ皇后陛下。その名を冠したクラシカルな雰囲気が漂うパヴェの指輪です。かつて王族が身に着けるティアラや胸飾りに使われていた、クッションカットのダイヤモンドは、透明度が高く、完全なる美を創造しています。太目のアームにちりばめられたメレダイヤは、小粒ながら存在感がありますが、その輝きは繊細でセンターダイヤがよりきらびやかに輝きます。身に着ける人に気品と美しさを与えてくれる極上の一品です。