プラチナ(イメージ)

プラチナ

リングの8割がプラチナ素材!その人気の秘密とは

白銀色のプラチナ(Pt)は、婚約指輪の王者ともいえる素材です。特に日本ではプラチナ人気が根強く、ブライダルリングの約8割をしめているといわれます。その魅力は、なんといっても上品に輝く白銀色。ここではプラチナの特徴やおすすめのリングをご紹介します。

アイコン

プラチナリングの特徴

  • 美しい!強い!変わらない輝きが魅了

    プラチナは様々な素材の中でも非常に丈夫な金属です。汗や温泉などに強いので錆びにくく、変色する心配もほとんどありません。いつまでも美しく輝き続けるので、婚約指輪を肌身離さず身に付けていたい方にはおすすめです。プラチナの美しい白銀色は、日本人の肌と馴染みがよく、ダイヤの美しい輝き引き出してくれる効果があります。お手入れも比較的容易で家庭用洗剤で洗うだけで美しい輝きが戻ります。長く愛用したい人にとっては、婚約指輪の大本命と言えるでしょう。

  • デザインが豊富でお直しもできる!

    プラチナは柔らかさとしなやかさがある、ジュエリーづくりに適した素材です。純度の違いにより「Pt900」「Pt950」「Pt1000」の3つがあり、中でもPt900は適度な硬度があるのでジュエリーづくりに最適です。ミル打ちを施したデザインや、フラットタイプのフレームなど、デザインもバラエティ豊か。また鋳造製法の指輪は、リングサイズが合わなくなっても、サイズ直しが簡単にできます。ただし、鍛造製法の指輪は、デザインなどによってお直しが難しい場合もあるので確認しておくといいでしょう。

アイコン

プラチナリングの選び方

「純度が高ければいい」は間違い!?プラチナ選びのポイント

プラチナには「Pt900」「Pt950」「Pt999」の3種類があります。これらの数字は純度を表したもの。数字が大きくなるほど純度が高くなり、強度は弱まります。「Pt999」はほぼ100%に近い高純度ですが、純度が高すぎると柔らかすぎて加工がしづらいうえに、傷つきやすいので婚約指輪には適しません。プラチナを選ぶなら「Pt900」がおすすめ。デザインが豊富なので、どんな宝石にもマッチするリングが見つかるでしょう。中でも人気なのは、センターダイヤを装飾したソリティアリングです。

アイコン

おすすめのプラチナリング

  • 指輪写真
    引用元:アイプリモ公式HP (https://www.iprimo.jp/engagement/rings/whipple.html)

    彗星のように寄り添うダイヤがロマンチック

    whipple(ホイップル)/アイプリモ/180,000円

    滑らかなVラインが美しいプラチナの婚約指輪。木星に接近するホイップル彗星をモチーフに、互いに寄り添い合う二人を、センターダイヤとメレダイヤで表現しています。センターダイヤの隣に、さりげなくメレダイヤをセット。フレームが伸びて、くるりと抱えているフォルムは美しく、二つのダイヤが宇宙の彼方で瞬くような、壮大なロマンが秘められているような感じがします。緩やかなVラインが手元をほっそりと見せてくれそうです。

  • 指輪写真
    引用元:エクセルコ公式HP (http://www.exelco.com/catalog/engagement-ring/bonheur/)

    随所に工夫を凝らしたデザインに魅了

    Bonheur(ボヌール)
    /エクセルコ/280,000円(税抜)~

    独特のひねりを入れたフレームラインが個性的なプラチナの婚約指輪。ボヌールはフランス語の「幸せ」。愛に包まれて、今まさに花開こうとしている蕾の姿をモチーフにしています。リングを上から眺めると、シンプルな印象がありますが、アームに施された繊細なミル打ちや、台座のデザインなど、至るところに細工が施されています。シルバーの白銀色が、センターダイヤの眩さを引き立てて、手元で永遠に輝き続けてくれる、そんなリングです。

  • 指輪写真
    引用元:銀座ダイヤモンドシライシ公式HP (https://www.diamond-shiraishi.jp/engagering/prism.html)

    ダイヤが七色に輝く台座のフォルムがお見事

    Prism(プリズム)
    /銀座ダイヤモンドシライシ/ 270,000円(税抜)~

    シンプルで滑らかなフレームラインが美しい、プラチナの婚約指輪。中央に向かってシェイプされた白銀色のフレームがセンターダイヤを引き立てて、大きく見せています。注目したいのが石座の部分。美しい三角形のフォルムで高さを抑えているので、光が入り込むと四方八方に反射して七色に光り輝きます。プラチナの柔らかいフレームラインから、上品さと女性らしい優しさが感じられ、一粒ダイヤが可憐さに華を添えています。