ホワイトゴールド(イメージ)

ホワイトゴールド

人気急上昇!プラチナよりも美しい上品な風合が魅力

ホワイトゴールド(WG)は風合いがプラチナに似ていて、シルバーの上品で美しい輝きがある素材です。それでいてプラチナよりも人気があり、ゴールドの中でも一番人気。ここではホワイトゴールドの素材の特徴や選び方のポイントを紹介します。

アイコン

ホワイトゴールドリングの特徴

  • 軽くて付け心地がいいから日常使いに最適!

    ホワイトゴールドは、風合いがプラチナに似ていますが、日常使いに適している素材です。銅や銀を混ぜているので、プラチナよりも硬くて、長年使っていても変色しにくく、それでいてはめた時に軽く感じるので、付け心地がとてもいいのです。プラチナも捨てがたいけれど、付け心地を考えるといま一つ……なんて、迷っている人には、ホワイトゴールがおすすめ。ホワイトゴールドでしたら、お守りのように、婚約指輪をずっと大切にできるので、うれしいですね。

  • コストが安く凝ったデザインが多い

    希少なプラチナと比べると、生産量が多いので、お値段も、比較的お求めやすい価格です。プラチナと同じ価格帯のリングでしたら、予算が浮いた分を凝ったデザインにしたり、オプションをつけたり、グレードの高いダイヤモンドや宝石に替えることだってできちゃいます。凝ったデザインのものが多く、海外ではプラチナよりもホワイトゴールドのほうが人気があるようです。ファッション性が高いので、カジュアルからフォーマルまで、色々なシーンで活用できそうですね。

アイコン

ホワイトゴールドリングの選び方

男性にもマッチするセットリングがおすすめ

ホワイトゴールドは、プラチナのようにシックで上品な風合があります。同じゴールド(ピンクゴールドやイエローゴールドなど)の中でも、上品さはぴか一です。シンプルからファッショナブルまで、あらゆるファッションと相性がよく、シーンを選ばずに使えるのが魅力。ホワイトゴールドの風合は、年齢に関係なく誰にでも似合うので、年齢を重ねても大切にしていきたい、という方には最適ですね。また男性にも似合うので、婚約・結婚指輪とのセットリングにするのもおすすめです。

アイコン

おすすめのホワイトゴールドリング

  • 指輪写真
    引用元:ケイウノ公式HP (http://www.k-uno.co.jp/bridal/product/engagement/happinesscrown_2/)

    センターダイヤから幸せが飛び出してきそう

    ハピネスクラウン/ケイウノ/ 233,900円

    センターダイヤから、いまにも幸せが溢れてきそうな感じがする、ホワイトゴールドの婚約指輪です。「成功・幸せ」を象徴する王冠をモチーフにしたリング。センターダイヤモンドで、それを見事に表現しています。シンプルなフォルムはとても美しく、ダイヤモンドの美しさを引き立てています。10本爪でダイヤを留めているのも、このリングならではの魅力。細身のリングなので、ちょっぴり太めの指にも似合いそうですね。

  • 指輪写真
    引用元:ルシエ公式HP (http://www.lucie.jp/bridal/engagementring/marine.html)

    ブルーの宝石とダイヤのコラボが美しい

    Marine(マリーン)/ルシエ/226,000円~

    緩やかなフレームラインが、打ち寄せる波を思わせる、ホワイトゴールドの婚約指輪です。センターに並んだ大小様々なダイヤモンドは、太陽の光が差し込むと、水しぶきのようにキラキラと輝きます。紺碧の海のようなブルーの宝石も、息を飲むような美しさがあり、このリングの魅力の一つです。ホワイトゴールドのマテリアルが上品で、透明なダイヤとブルーの宝石を引き立てていて、手元に海風のような爽やかさを運んできてくれそうですね。

  • 指輪写真
    引用元:マリアージュ公式HP (http://www.mariage-corp.com/ring_engage/RCring_E_Chiffon_WG/)

    ふんわりとしたリボンが愛くるしい

    Chiffon(シフォン)/マリアージュ/213,200円~

    ふんわりとしたシルクで結んだような、リボンのデザインが特徴的なホワイトゴールドの婚約指輪。美しく結ばれたリボンは、しなかな女性のような柔らかさがあります。そんなしなやかさや柔らかさがありつつ、センターダイヤモンドからは、誇らしげな雰囲気も感じられます。しっとりとしたホワイトゴールドは、リボンの柔らかさとマッチ。こんな指輪を身に付けていると、いつまでも乙女のような愛くるしい女性でいられそうですね。