激戦区銀座での口コミ評価(Googleローカルガイド)

ブランド名
(公式サイトを開きます)
評価 口コミ数
1. 銀座ダイヤモンドシライシ 4.5 142件
2.エクセルコダイヤモンド 4.5 28件
3.4℃ BRIDAL 4.4 25件

※2019年1月現在(独自調べ)
※ブライダルジュエリー専門店のみ選定

プロポーズのその後の流れ

「プロポーズをする」ということを具体的に考えていても、その後の流れがどうなるか、ということは意外と盲点になると思います。プロポーズをして無事に成功したら、結婚することになるのですが、その前に結婚準備をしなければいけません。そこでこちらでは、プロポーズのその後の流れについてご紹介します。

プロポーズのその後の流れはスムーズにするべし

プロポーズをした後にすることを挙げてみると、次のような流れになります。

  1. 入籍日を決める
  2. 今後の仕事について確認
  3. お互いの両親に報告
  4. お互いの両親への挨拶
  5. 婚約指輪の購入(プロポーズで贈っていない場合)
  6. 両家の顔合わせ
  7. 結婚式場探し、結婚式の日取りを決める
  8. 結婚指輪の購入
  9. 新居探しと引越し

プロポーズから結婚生活を始めるまでに、これほどたくさんのやるべきことがあります。また、新婚旅行は落ち着いてから行くというカップルもいますが、結婚式の直後であれば、新婚旅行についてもあらかじめ決めなければいけません。

結婚までの流れをスムーズにするべき理由

プロポーズのその後の流れは、スムーズに決定させる方が良いでしょう。この一連の流れが滞ってしまうと、結婚に対する気持ちが薄れてしまう場合もありますし、最悪の場合、結婚が頓挫してしまうこともあり得るからです。

特に、「入籍日がなかなか決まらなかった」という方が多く、「プロポーズに成功したものの、入籍日が決まらないまま1年が過ぎた」という例も。1年間も結婚準備が進まないと、プロポーズ自体がなかったことになる可能性もあるので、結婚準備はなるべく早目に、二人で協力して行うようにしましょう。

続けて、結婚準備の進め方について見ていきましょう

入籍日を決める

プロポーズに成功したらまず決めておきたいところです。この時点では、おおまかな入籍時期を決めておくだけでも良いでしょう。何月頃に入籍するか、結婚式と同じ日にするのか、結婚式の前にするのか。このようにおおまかな時期を決めておけば、両親に結婚の報告をする時に、スムーズに進みます。

仕事を続けるかどうか決める

これは、入籍日を決めるのと同時進行でしておきたいことですが、結婚した後に仕事を続けるかどうかを決めてください。最近は主夫の方も多いので、男性が転職をする、仕事を辞める、ということもあるかもしれません。二人とも、今まで通り仕事を続けるのであれば、会社の体制や産休、育休についても確認しておきたいところです。

お互いの両親に結婚の報告をする

入籍日がある程度決まったら、それぞれの両親に結婚をする意思を伝えましょう。この部分は特に難しくないと思いますが、結納や顔合わせについてもこのときに確認しておきたいところ。家庭によって結納をしない場合もありますし、かなり本格的に行う場合もあります。お相手のご家庭の意向もあるので、この段階では簡単に確認しておくだけで大丈夫です。

男性が女性の両親に挨拶をする

お互いの両親への挨拶は、まずは男性が先に行います。女性を橋渡し役として予定を立ててもらい、挨拶に伺う日程を決めてください。女性の家に挨拶に伺う際には、手入れのされたスーツを着て、手土産を持っていくことがおすすめ。また、挨拶が終わった後には、お礼状などを書いておくと好感度がアップします。

女性が男性の両親に挨拶をする

男性が挨拶を済ませたら、次は女性が挨拶に伺う番です。ここは男性が中心となって、しっかりと予定などを合わせていきましょう。女性はスーツを着る必要はありませんが、清潔感のある綺麗な服装で行くのがベスト。手土産も忘れずに持っていきましょう。

婚約指輪を購入する

プロポーズのときに婚約指輪を渡していれば、このステップは飛ばしてください。婚約指輪をまだ渡していない場合は、婚約指輪を購入しましょう。まずはおおまかな予算を決め、ブライダルジュエリーショップに下見に行きます。婚約指輪を購入する時には、いろいろな店舗に下見に行くと思うので、そのための予定を立てて、ある程度時間に余裕を持って選びたいところです。

両家の顔合わせをする

お互いの両親を会わせる段階ですが、ここで結納を行うのか、それとも食事会だけにするのか、お互いの家の意向をはっきりと確認しておきましょう。この段階でつまずいてしまうと、結婚生活に影を落としてしまいかねません。両家ともが納得できる形で顔合わせをするようにしてください。

結婚式の式場選び、日取り決めをする

結婚指輪は結婚の記念品でもあり、結婚した二人を結ぶ絆でもあります。二人ともが納得できる結婚指輪を購入するためには、婚約指輪のときと同様、入念に下見をすることが大切です。また、婚約指輪と違い、結婚指輪は日常的に身につけているもの。そのため、ブライダルジュエリーショップに行き、試着して、つけていて邪魔にならないもの、つけ心地が良いものを選ぶのがおすすめです。

新居探しと引越しをする

本格的に結婚生活を始めるための準備に入ります。まず、引越しをする土地と、家賃の予算を決めます。引越しをする土地によって家賃は変わるので、その釣り合いが取れるところを選んでください。住みたいエリアが決まったら、実際に物件を周って、住む部屋を決めます。その後には引越しという大きな作業が待っていますが、これを乗り越えれば新生活を始めるための準備は万全でしょう。

結婚準備はやることがたくさん!結婚生活の第一歩だと考えて

プロポーズをしたその後にしなければならないことは、意外とたくさんあるものです。結婚は二人の意志だけで出来るものではないので尚更でしょう。プロポーズから結婚式、入籍までにかかる期間は、平均すると1年~1年半くらい。この期間を目安に、全ての流れを終わらせるようにしてください。

結婚準備は大変だと思いますが、これも二人の結婚生活の第一歩です。結婚をすれば、二人で協力し合って、いろんなことを乗り越えていかなければなりません。結婚準備をスムーズに進めていくためには、お互いに思いやりを持って、協力し合うことが大切でしょう。

プロポーズにあたり…どうする!?婚約指輪

プロポーズの時期は?シチュエーションは?デートプランはどうすれば?そんな思い悩む男性諸氏の強い味方、それが婚約指輪です。

結納をしないカップルも増えた昨今ですが、それでも婚約指輪の価値は不滅。いつの時代も「はっきりプロポーズしてほしい」と女性は思っているものです。男らしくカッコよく、センスのいい婚約指輪とともにビシッとプロポーズを決めましょう!

しかし話はそう簡単ではありません。「婚約指輪を購入」この段階でも新たな悩みが出てきます。

プロポーズ男性あるある!3つの悩み

  • 彼女の指輪のサイズがわからない!
  • 彼女がどんな指輪が好きなのかわからない!
  • 婚約指輪ができるまで1ヶ月くらいかかると知らなかった!

婚約指輪を渡すにあたり、これらはとてもよくある悩み。「ところで指輪のサイズいくつだっけ?」なんて白々しく聞けないですよね?
そんな悩める男性を救う(?)、各ブランドのプロポーズアイテムに注目してみてはいかがでしょうか?

サイズがわからなくてもOK♪バラが彩るダイヤモンドでプロポーズ!

ダイヤモンドブランドNO.1の評価で知られるエクセルコダイヤモンドのプロポーズアイテムが「Rose Box」。本物のバラがあしらわれたボックスに、輝くダイヤモンドをセットしてプロポーズできます。プレートに刻印メッセージも入れられるので、一生忘れられない素敵な思い出となりますね。

リングはついていないので、プロポーズ成功のあかつきに2人で仲良くリングを選び、晴れて婚約指輪のできあがり。そんなロマンチックな体験も含めた贈り物となります。

しかも刻印なしなら即日で手に入れられるのもこの商品の魅力。時間がない!なんて悩みもまとめて解決できますよ♪

サプライズプロポーズにぴったり業界初のサイズ調整可能リング!

国内ダイヤモンドブランドの最高峰・銀座ダイヤモンドシライシからは、業界初のサイズ調整可能リング「Smile propose ring」をご紹介。こちらももちろん指輪のサイズがわからなくても問題なし。スマイルプロポーズリングにダイヤモンドを留めてプロポーズできます。

後日あらためて2人でリングを選べるのはもちろん、プロポーズに使用したリングには美しいカラーストーンを留めてくれます。婚約指輪だけでなく、こちらも思い出に残る2人の宝物になりますね。

「プロポーズアイテムが残る」それが一生の思い出に

紹介した2つのアイテムの共通点は「思い出が形として残る」こと。メッセージが刻まれた「Rose Box」、カラーストーンが彩を添える「Smile propose ring」。どちらも素敵な思い出の品となることは間違いありません。

彼女の指輪のサイズがわからなくても、思い悩むことはありません。彼女への溢れる愛を込めた演出でプロポーズを成功させましょう!