婚約指輪の全てがわかるサイト » 【男性必見】プロポーズを成功させるための準備 » お見合でするプロポーズで失敗しないポイント

プロポーズはタイミングが肝心!ベストな時期を見図ろう

プロポーズをしたいけどタイミングがよく分からない、という人も多いのではないでしょうか。ここでは、お見合いから交際をスタートしプロポーズまでの期間についてご紹介します。

お付き合いを始めてからプロポーズを始めるまでの期間

プロポーズ

プロイポーズはお互いの人生にとってとても大きな影響をあたえます。

そのため、お互いにとって良い結果になるように、プロポーズのタイミングを見極めることも大きなポイントですので、しっかりとポイントをおさえておきましょう。

お見合いの場合は3カ月でプロポーズを

お見合い後、結婚を前提にデートを重ねる場合、プロポーズをする時期は最初のデートから3カ月目ぐらいの時にします。普通のお付き合いであれば交際してから最低でも1~2年経ってからプロポーズをするかもしれませんが、お見合いは交際期間自体、半年が適切であり、その間にプロポーズをして結婚を決めなければなりません。

なぜこんなに早くプロポーズをするかというと、デートを重ねているうちによりいい条件の相手が現われたら、そちらに相手を取られてしまうこともあります。また、結婚を前提にお付き合いをしているのにいつまでもデートだけだと、結婚する気がないと相手に判断されるからです。

デート15回目を迎えたらプロポーズを

プロポーズまでのデート回数は、少なすぎると相手との情報交換があまりできず、多すぎると婚期を逃してしまいます。 満を持して15回目のデートを迎えたら、覚悟を決めてプロポーズをしましょう。

恋愛が楽しくて夢中になり、まだ大丈夫だろうと先延ばしにしてはいけません。盛り上がっている今こそがチャンスです。相手を他の人に取られないよう、気持ちが移らないようにすぐプロポーズをしておきましょう。

デートはお互いの仲を深め合うもの

まずお付き合いを始めてから3回目ぐらいまでは、メールなどの連絡をこまめにして会う感覚も短くしておき、お互いの関心を高めます。より深くお互いを知り合うためのデートはだいたい5回目ぐらいから始まります。お互いの情報を交換し合いましょう。デートも7回目ぐらいを過ぎ、お付き合いを始めてから2カ月ぐらいになると、お互いがどう考えているのか伝えあう時期に入ります。

結婚したい相手であれば、プロポーズまでの前準備としてデートをしましょう。女性もここまでデートを重ねた男性であれば、結婚を意識し始めます。焦らず、相手への素直な思いをアピールしましょう。

デートも10回を過ぎ、いよいよプロポーズの期限である15回目に迫ってきたら、先にお互いの両親に会うと、結婚への本気度を示すことができます。それと同時にお見合いデートではなく、恋人としてのデートを楽しめる時期です。プロポーズへの準備を進めつつ、恋愛を楽しみお互いの愛情と信頼を深め合いましょう。

成功するプロポーズはシチュエーションにかかっている

通常の恋から始まるカップルの場合、朝起きたら指に指輪がはまっていた、お互いの家でテレビを見ながらなど、日常生活の中でプロポーズをすることもあることでしょう。しかし、お見合いカップルの場合、それでは相手に信頼してもらうことは難しいです。

結婚相手にふさわしい相手かどうか判断するためのお見合いでは、プロポーズまでの期間も結婚までのスピードも速いため、相手を信頼できるかどうかがポイントになります。この人は誠実な人かどうか、結婚しても裏切らないかどうかなどをこの短期間で判断しなければなりません。

プロポーズがいかにも適当そうだと、それだけ結婚後も適当に扱われるのではないかと思われ、信頼するに値しない相手となるでしょう。そのためプロポーズは定番通りでもいいので、しっかりとシチュエーションを準備してするようにしましょう。

プロポーズのために必要なシチュエーションとは

通常の恋人同士だと婚約指輪を必要としないカップルもいるようですが、お見合い相手に婚約指輪なしでプロポーズをして信頼を得られるでしょうか。普段通りのデート中に「結婚しよう」と言っても、その本気度は伝わるでしょうか。

どんなにシャイな人でも、相手に結婚の本気度を伝えて信頼を得るためには、それなりのシチュエーションを用意しなければなりません。 花束や結婚指輪などプロポーズのアイテムを用意し、おしゃれなレストランを予約、夜景などを自前にチェックしましょう。ロマンチックでプロポーズがよく行われている場所に行くなど、プロポーズのシチュエーションを十分準備して挑みましょう。 普段とは違う雰囲気、贈り物で特別感を出すことが大切です。

プロポーズにあたり… どうする!?婚約指輪

プロポーズの時期は?シチュエーションは?デートプランはどうすれば?そんな思い悩む男性諸氏の強い味方、それが婚約指輪です。

結納をしないカップルも増えた昨今ですが、それでも婚約指輪の価値は不滅。いつの時代も「はっきりプロポーズしてほしい」と女性は思っているものです。男らしくカッコよく、センスのいい婚約指輪とともにビシッとプロポーズを決めましょう!

しかし話はそう簡単ではありません。「婚約指輪を購入」この段階でも新たな悩みが出てきます。

プロポーズ男性あるある!3つの悩み

  • 彼女の指輪のサイズがわからない!
  • 彼女がどんな指輪が好きなのかわからない!
  • 婚約指輪ができるまで1ヶ月くらいかかると知らなかった!

婚約指輪を渡すにあたり、これらはとてもよくある悩み。「ところで指輪のサイズいくつだっけ?」なんて白々しく聞けないですよね?
そんな悩める男性を救う(?)、各ブランドのプロポーズアイテムに注目してみてはいかがでしょうか?

サイズがわからなくてもOK♪バラが彩るダイヤモンドでプロポーズ!

ダイヤモンドブランドNO.1の評価で知られるエクセルコダイヤモンドのプロポーズアイテムが「Rose Box」。本物のバラがあしらわれたボックスに、輝くダイヤモンドをセットしてプロポーズできます。プレートに刻印メッセージも入れられるので、一生忘れられない素敵な思い出となりますね。

リングはついていないので、プロポーズ成功のあかつきに2人で仲良くリングを選び、晴れて婚約指輪のできあがり。そんなロマンチックな体験も含めた贈り物となります。

しかも刻印なしなら即日で手に入れられるのもこの商品の魅力。時間がない!なんて悩みもまとめて解決できますよ♪

サプライズプロポーズにぴったり業界初のサイズ調整可能リング!

国内ダイヤモンドブランドの最高峰・銀座ダイヤモンドシライシからは、業界初のサイズ調整可能リング「Smile propose ring」をご紹介。こちらももちろん指輪のサイズがわからなくても問題なし。スマイルプロポーズリングにダイヤモンドを留めてプロポーズできます。

後日あらためて2人でリングを選べるのはもちろん、プロポーズに使用したリングには美しいカラーストーンを留めてくれます。婚約指輪だけでなく、こちらも思い出に残る2人の宝物になりますね。

「プロポーズアイテムが残る」それが一生の思い出に

紹介した2つのアイテムの共通点は「思い出が形として残る」こと。メッセージが刻まれた「Rose Box」、カラーストーンが彩を添える「Smile propose ring」。どちらも素敵な思い出の品となることは間違いありません。

彼女の指輪のサイズがわからなくても、思い悩むことはありません。彼女への溢れる愛を込めた演出でプロポーズを成功させましょう!