ダイヤモンドの評価基準クラリティとは

ダイヤモンドの鑑定士

ダイヤモンドの輝きはクラリティで決まる!

婚約指輪を購入するにあたって、ダイヤモンドは何を基準にしたら良いのか迷っている方は多いのではないでしょうか。ダイヤモンドには4Cという評価基準が設けられており、Calat(カラット)、cut(カット)、colorカラー、clarity(クラリティ)の4つで構成されています。どれも重要な基準の対象となりますが、その中でもダイヤモンドのクラリティは重要なチェックポイント。クラリティとはダイヤモンドにとって欠かせない透明度を表しているグレードのことを言います。いくつかの基準に分けられており、内包物が含まれている度合いによって、グレードは異なります。内包物が多ければ多い程透明度が無くなってくるので、ダイヤモンドの質を重視する際はクラリティをチェックしましょう。

  • 透明度クラリテイclarity

    透明度が高いものほどダイヤモンドのグレードが上がる

    クラリティは、ダイヤモンドの透明度を表すグレードです。不純物であるインクルージョン(ダイヤモンド内部にある内包物)やブレミッシュ(ダイヤモンド表面の傷・欠けなど)の少なさが基準となり、肉眼ではわからないので10倍の顕微鏡で確認して、グレードを決めます。評価は最高グレードの、FL/Flawless (フローレス)から始まり、IF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I1、I2、最低グレードのI3まで、11段階に分かれます。地球が生み出したものなので、内包物の含まれていないダイヤはほとんどなく、FL・IFクラスは希少で市場に出回ることがごくまれです。そのため、多くの宝飾店では、VVS-1クラスを最高グレードとして扱っています。

クラリティの基準

クラリティは内包物の量に合わせて11段階に分かれています。その中には肉眼では確認できないものも多く、10倍に拡大したときに見える結晶やフェザーなどの細かな内包物の量でレベルが決まっています。拡大鏡を10倍にして見ても無傷なダイヤモンドをFL。10倍にして表面だけに小さな傷があるダイヤをIF。10倍で傷を見つけるのが難しいものをVVS。10倍にして傷を見つけるのが少し難しいダイヤをVS。10倍にすると傷をすぐに発見できるが、肉眼では特に見えないものをSI。肉眼でも簡単に見つけることができるダイヤはIと等級分けされています。内包物が特に見当たらないものはほとんどありませんが、肉眼では見えないものが多いことが特徴です。 「目には見えないならレベルが低くても大丈夫」という方は、4Cの中の他の項目の評価レベルを上げて、クラリティを少し低めのレベルにする選び方もあります。原石は透明度の高いものが良いという方はクラリティのレベルを上げて、他の項目の評価レベルを少し下げるといった方法もありますよ。

ダイヤモンドの3つの効果

ダイヤモンドの放つ輝きは3つの作用から成り立っています。その3つとは、ディスパージョン、シンチレーション、ブリリアンシーを指し、それらの相乗効果によってダイヤモンドは美しく光り輝きます。ダイヤモンドが光を受けて輝く仕組みについてまとめているのでチェックしてみてください。

  • ディスパージョン
    3つの効果の中でも特に美しい光を作っているのがディスパージョンです。別名ファイヤとも言い、ダイヤモンドの中に光が入ると屈折を繰り返すことであらゆる色へと変換。白色光だった輝きが、虹色になって外へと放たれます。ディスパージョンの数値は0.044でバランスの取れた光を放出してくれるようです。
  • シンチレーション
    別名スパークルとも呼ばれるシンチレーション。ダイヤモンドか照明、ダイヤモンドを見ている人のどちらか一方が動いたときに生まれる、揺れのある光やきらめきがシンチレーションです。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドでいえば、クラウン側にある33面のファセットに当たった光がフラッシュのような強い光をもたらします。また、暗い部分と明るい部分の違いが大きければ大きいほど輝き方に変化があり、コントラストや配置などによってもダイヤモンド自体の明るさが変わります。
  • ブリリアンシー
    ダイヤモンドに入った光が屈折して反射。ダイヤモンド本来の輝きである白い光が特徴です。内部へ入った後は上部へ反射するため、真正面から見た時に強い光を感じます。別名ではブライトネスとも言われているようです。

ダイヤモンドの美しい輝きはこの3つから成り立っています。しかし、3つのうちのどれか一方だけを優先していると、残る二方の効果は得にくくなることも。輝き方の好みは人によって異なるので、個体によって違いのある様々な輝き方を見て自分の好みのものを探してみるといいかもれませんね。一生に一度の婚約指輪は決して妥協したくありませんよね。後で後悔しないために、購入前に、可能であれば複数のジュエリーショップでダイヤモンドを見ておき、納得できる婚約指輪を選ぶようにしましょう。他のページにダイヤモンドにこだわりを持つブランドを紹介しているので、チェックしてみてくださいね。