ダイヤモンドの評価基準カラーとは

ダイヤモンドの鑑定士

ダイヤモンドのカラーにはグレードがある

国際基準の4Cのうち「カラー」のグレードも重要! 婚約指輪を選ぶとき、もっとも多く選ばれているのがダイヤモンドの指輪です。ダイヤが施された指輪は、一見同じような大きさに見えても値段が異なるもの。有名ブランドの指輪でなくても高い指輪や、大きめのダイヤが使われていても手の届きやすい価格がありますよね。

ダイヤモンドによって値段がちがうのは、4Cという基準値によって評価されているからなのです。その4Cのうち、Colorも評価の上で重要なポイント。ダイヤモンドの価値を大きく左右します。

ダイヤモンドは天然の鉱物です。全てが透明に見えるようでも、実は一つひとつの色には違いがあります。では指輪を購入するときには、どんな点に注意して選んだほうが良いのでしょうか?ここでは、ダイヤモンドの評価基準4Cのうち「カラー」について詳しく解説していきます。

  • カラーcolor

    無色に近いほどダイヤモンドの評価は高くなる

    カラーは、ダイヤモンドの透明度の評価。一般的にダイヤは無色透明と思われがちですが、実際に産出されるダイヤのほとんどの地色が黄色系です。その評価は大きく分けると、無色(D・E・F)/ほとんど無色(G・H・Ⅰ・J)/僅かな黄味(K・L・M)/薄い黄色~黄色(N~Z)の5段階に分かれます。無色に近いほど評価が高くなり、最高グレードが完全無色のDグレードです。

    グレードの差は微妙で、1グレード程度でしたら、素人目にはほとんどわかりません。最高グレードを望む場合はDがおすすめですが、そこまで望んでいない方には、E、Fでも充分でしょう。

完全無色のダイヤモンドは極めて希少

一般的にダイヤモンドの指輪に使われるほとんどの石は無色が基準ですが、どんなに構造が完璧で科学的に純粋なダイヤモンドでも、微量の不純物が含まれています。これがダイヤモンドの色を変える原因。肉眼では透明に見えても微妙に色味がかっているのです。ダイヤモンドはマスターストーンと呼ばれる基準の石に基づいて評価されます。

世界で最も有名な宝石学の研究機関であるGIA(米国宝石学会)が定めた、無色から非常に強い黄色味を帯びたダイヤモンドまで23段階に分けた評価基準。最高ランクがDとされ、Zに近づくほど黄色味を帯びています。

ダイヤモンドのグレードスケール
D E・F G・H I・J J K~Z
完全無色 無色 ほぼ無色 ほぼ無色 ほぼ無色 非常に僅かな黄色~薄い黄色
最高グレード。極めて希有 ほんのわずかな色。希有。 グレードの高いダイヤと並べれば色がわかる程度。 黄色がかすかに認められる 黄色がかすかに認められる 黄色が肉眼でも認められる

このカラーグレードとも呼ばれる評価基準は世界標準となっており、これをもとにダイヤモンドの価格が決まります。このカラーグレードはごくわずかな差によって分けられているため、宝石の専門士や鑑定士でなければ見分けるのが難しいとされています。

「ダイヤモンドは絶対に無色透明のほうが良い」というこだわりの強い方は、拡大鏡でも色が確認できないグレードD~Fのダイヤモンドを、「肉眼で分からなければ完全無色でなくても良い、コスパを重視したい」という方は、G~Jのほぼ無色のダイヤモンドを探すと良いでしょう。

K~Zは黄味がかっていてグレードは低く、ダイヤモンドとして取り扱っている宝石店はほとんどないと言って良いでしょう。ですが、これよりさらに濃い黄色になると「カラーダイヤ」として扱われます。カナリ―・イエローダイヤとよばれる黄味の強いダイヤモンドは珍しいとされ、希少価値が高くなるほどです。その他、カラーダイヤにはオレンジ、グリーン、グレー、バイオレット、パープル、ピンク、ブラック、ブラウン、ブルー、ホワイト、レッドなど数多くの色があります。

4Cのカラー鑑定はカットにも影響される

プロの鑑定士でもわずかな色の差を見分けるのが難しく、人によってはグレードに差がでるほどと言われるカラー評価は、「4C」評価の中でも判断が微妙で難しいとされています。またダイヤモンドのカラーはカット方法によっても強く影響されるものです。

婚約指輪によく用いられるカット技法「ラウンドブリリアントカット」は、ダイヤモンドの光を最も効率よく反射するようにカットするもの。光の質によって反射色が影響するので、ラウンドブリリアントカットが施されたダイヤモンドは一見無色のダイヤモンドに見えますが、本来の色ではない色で輝いている場合があるのです。よってダイヤモンドは肉眼で評価されることはありません。

プロの鑑定士やバイヤーは、「ダイアモンドドック」と呼ばれる色観察用のボックスに指輪を入れ、光が反射しない場所で鑑定。色を正確に確認するためにグレーディングトレーに入れたあと、ほぼ垂直に蛍光灯の照明を当てて、GIA既定のマスターストーンと比較して評価していきます。

ベルギーにある世界で最も古いダイヤモンド取引所では、全てのガラスを北側に設置。同じ方向から自然光でダイヤモンドを見られる環境になっているためで、公平な環境下でダイヤを選ぶことができます。ダイヤモンドを展示物として見せる際に採用されることもあるほど宝石商においては宝石をみるための常識。ダイヤモンドの本来持つカラーや美しさで婚約指輪を選ぶなら、世界基準の方法で鑑定された4Cを参考に、自分の納得いくカラーと、それに見合った価格で検討してみてはいかがでしょうか。

婚約指輪をつくるときに注意すべきことは?

カラーグレードの高いダイヤモンドを購入するならプラチナかホワイトゴールドの台座にすることをおすすめします。イエローゴールドやゴールドをセッティングしてしまうと、ダイヤモンドから金属部分が透けて見えてしまい、せっかくのハイグレードダイヤモンドが黄味がかったように見えてしまいます。ダイヤモンド部分と台座の指輪部分を別々で購入する際や手作りの指輪にしようと考えている方は、一度鑑定師の資格を持つ専門家に相談してみて、仕上がりのイメージを確認しておくと良いでしょう。

ダイヤモンドにこだわりを持つブランドは4Cのカラーにおいても基準を満たしたものばかり。他のページでおすすめのブランドを紹介しているのでそちらも参考にしてみてくださいね。