ダイヤモンドの評価基準カットとは

ダイヤモンドの鑑定士

ダイヤモンドの仕上がりを大きく変えるカット

一生に一度の婚約指輪は自分の納得のいくものを選びたいですよね。ダイヤモンドは、簡単に購入できない高価なもの。何を基準に指輪を選ぶべきか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。ダイヤモンドは国際的な評価基準4Cによってグレードが決まります。4Cは世界中の宝石鑑別の中で最も信頼されているGIA(米国宝石学会)が定めているダイヤモンドの鑑定基準です。人間の技術が大きく関わるCut(カット)、ダイヤモンドにとって重要なClarity(透明度)、1カラットは0.2gと決められているCarat(カラット)、全部で23段階の色に分けられているColor(カラー)の4つの項目で鑑定されます。ダイヤモンドを選ぶ際は、4つのうちどれも見るべきですが、ダイヤモンドそのものの輝きを最も左右するカットは特に注目すべきポイントです。

  • 研磨カットcut

    ダイヤモンドのプロポーションは全部で5段階

    カットとは、ダイヤモンドのプロポーション(形と仕上げ)の評価で、プロポーションと研磨技術の2つでグレードが決まります。カット手法はダイヤモンドの最終的な輝きを大きく左右する重要な工程。4Cの中で唯一、人の技術力が問われる評価で、グレードが高いほど理想的なプロポーションに近く、美しい輝きを引き出すことができます。その評価は最高評価のEXCELLENT(エクセレント)から、VERY-GOOD(ベリーグッド)/GOOD(グッド)/FAIR(フェアー)/POOR(プワー)まで5段階あります。カットの中の王者はトリプル・エクセレント(Tripple Excellent)。総合評価/シンメトリー(対称性)/ポリッシュ(研磨状態)の3評価が全てEXCELLENTのカットで、特殊な器具でダイヤを見ると、美しいハート&キューピット模様が浮かび上がっています。ダイヤモンドのカットは、角度やプロポーションなど、十分に輝きを放つカット法をあらゆる面から分析しなければなりません。カット以外の3つの評価が良くても、カットの技術力が低評価だとダイヤモンドの良さである輝きを存分に引き出すことが難しくなってしまいます。

婚約指輪に向いているダイヤモンドのカットは?

婚約指輪をパートナーに渡そうと考えている方は、どのカットのダイヤモンドを購入しようか迷ってしまうのではないでしょうか。ダイヤモンドのカット法には数えられない程の種類があります。人によって好みもそれぞれなので、余計に悩んでしまいますよね。婚約指輪には主に58面体からなるラウンド・ブリリアントカットが一番人気です。ダイヤモンドの美しさを最も引き立たせてくれるスタンダードなカット法で、「どのカットのダイヤモンドにしようか迷っている」「特にこだわりはない」という方にはラウンド・ブリリアントカットのダイヤモンドがおすすめですよ。

ダイヤモンドのカットの種類

ダイヤモンドのカットには種類が数多くあります。そもそもダイヤモンドが採れたときの形や大きさは一定ではないため、その原石に合わせてカット法も選択しなければなりません。数あるカット法の中でも特に多く使われているカット法を紹介します。

  • ラウンド・ブリリアント・カット
    ダイヤモンドが最も輝きを放つカット法と言われています。最もポピュラーでスタンダードな方法だと言えるでしょう。57面体あるいは58面体のカットが特徴的。多くの人が思い浮かべるダイヤモンドの形状はこのカットが施されているものです。
  • オーバル・ブリリアント・カット
    58面体のブリリアントカットに施されるカット。小判型でダイヤモンド以外の色の石にも用いられます。飽きのこないデザインのため婚約指輪に選ぶ方も多いのが特徴です。
  • マーキーズ・ブリリアント・カット
    もともと原石が細長いものに施されるカット法です。一般的に58面体の構造になっていますが、18面体にカットされることも。カラット数をより大きく見せてくれます。
  • ペアー・シェープ・ブリリアント・カット
    洋梨のような形をしていることからペア(洋梨)の名がつけられました。ブリリアントカットをベースとしています。ジュエリーの中でもネックレスやペンダントのトップ部分に多く使用されます。
  • ハート・シェープ・ブリリアント・カット
    名前の通り、ハート型にカットするカット法です。他のカット法よりも個性的で、ロマンティックなイメージから、若い女性に人気があります。
  • エメラルド・カット
    主にエメラルドのカット法として利用されていた長方形のカットです。他のカット法よりもダイヤモンドそのものの質が目に見えてわかるため、カラーや透明度が重要になります。
  • クォードリリオン・カット(プリンセス・カット)
    テーブル面が広く、輝きと気品の両方を兼ね備えたカット法です。エッジ部分が欠けやすいため、取り扱いには注意しなければなりません。

婚約指輪を選ぶうえでダイヤモンドのカット法は重要です。カラーや透明度、カラットなどは原石そのものに頼る面もありますが、カットは技術力が大きく関わるもの。一生身に着けるものだからこそカットにこだわりをもってつくられた指輪にしたいものです。特に婚約指輪にこだわりを持つおすすめブランドも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。