激戦区銀座での口コミ評価(Googleローカルガイド)

ブランド名
(公式サイトを開きます)
評価 口コミ数
1. 銀座ダイヤモンドシライシ 4.6 421件(+10)
2.エクセルコ ダイヤモンド 4.2 123件(+2)
3.4℃ BRIDAL 4.3 44件(0)

※2021年2月26日現在(当サイト調べ)
※ブライダルジュエリー専門店のみ選定

カラーダイヤモンドも婚約指輪に

ダイヤモンドの鑑定士

二人だけの愛を象徴する希少なカラーダイヤモンド

ダイヤモンドと言えば、無色透明に永遠の輝きを放つ宝石。世界中の女性の憧れですよね。でも、いくらダイヤモンドが貴重な宝石とは言え、婚約指輪は彼から一生に一度だけもらう、とても大切な指輪。他の人と同じようなダイヤモンドではなくて、二人の愛を象徴する特別なダイヤモンドにしてみたいという人もいるでしょう。そんな人たちのために、ここではカラーダイヤモンドについてご紹介します。

GIA(米国宝石学会)の基準によると、カラーダイヤモンドの色の種類は、なんと8種類! ピンク、ブルー、イエロー、オレンジ、グリーンなど様々な色があります。ここでは、特に人気で希少性の高いピンクダイヤモンドとブルーダイヤモンドを中心に解説していきます。

なおカラーダイヤモンドには天然ものと人工ものとがありますが、ここでは天然ダイヤモンドを前提にお話しを進めます。

無色透明のダイヤモンドより価値が高いカラーダイヤモンド

普通、ダイヤモンドの価値と言えば、無職透明に近づけば近づくほど価値が高いとされています。完全な無色透明のダイヤモンドはDというグレードがつけられ、もっとも黄色味が強いダイヤモンドはZというグレードがつけられます。当然、Dのほうが価値は高く、Zのほうが価値が低い、ということです。

ところが、極めてまれなのですが、Zを超える濃い色がついたダイヤモンドで、しかも非常に美しい色合いを表現しているダイヤモンドが採掘されることがあります。これらのダイヤモンドには別のグレード評価を用意され、カラーダイヤモンドと称されて無色透明なダイヤモンドよりも価値の高いものと位置付けられます。

自然界において、カラーダイヤモンドがどのようにして生成されるのかは、科学的にはまだきちんと証明されていません。放射線や不純物の影響ということまでは分かっているのですが、それ以外のことについては、部分的なことしか分かっていないのが現状です。

輝きよりも色の強度で価値が決まる

無色透明のダイヤモンドは、透明度の高さやカットの洗練さ、石の大きさなど、言わば総合的な美しさによって価値が決まります。カラーダイヤモンドにおいても、もちろん総合的な美しさが価値の基準となるのですが、何をもって「美しい」と判断するかは、無色透明のダイヤモンドとはまったく異なります。

カラーダイヤモンドの美しさは、一言で言えば、色の強度で評価されます。GIA(米国宝石学会)では、カラーダイヤモンドの評価基準として「色相」「色調」「飽和」の3種類を設定しています。「色相」とはカラーの種類、「色調」とは色の明るさや暗さ、「飽和」とは色の深み。これらの基準をもとにし、GIA(米国宝石学会)はカラーダイヤモンドを6つのグレードに分けています。価値の高い順に見てみましょう。

  • ファンシーヴィヴィッド
  • ファンシーインテンス
  • ファンシーディープ
  • ファンシーダーク
  • ファンシー
  • ファンシーライト

無色透明のダイヤモンドでは、カットが非常に大事な価値基準の一つとなっています。しかしカラーダイヤモンドでは、カットをさほど重視していません。なぜなら、カットをすればするほど、希少なカラーダイヤモンドが目減りしてしまうから。カラーダイヤモンドは、あくまでも色が勝負なのです。

一番人気はピンクダイヤモンド

カラーダイヤモンドの中でも、特に人気があり、なおかつ価値が高いとされているのがピンクダイヤモンド。極めて希少性が高く、その採掘量はダイヤモンド全体の中のわずか0.1%と言われています。人気があるにも関わらず、あまりにも採掘量が少ないことから、今では人工のピンクダイヤモンドまで作られている状況です。

なぜピンクダイヤモンドは、そんなにも採掘量が少ないのでしょう? その理由は、ピンクダイヤモンドが産出する場所が、世界でたった1ヶ所しかないから。ピンクダイヤモンドは、オーストラリアのアーガイル鉱山からしか採掘されないのです。アフリカの一部でも産出しますが、良質とされるピンクダイヤモンドは、アーガイル鉱山からしか採掘されません。

なおかつ、アーガイル鉱山からのピンクダイヤモンドの産出量は年々減少しているため、2018年にはピンクダイヤモンドの採掘を終了する予定です。採掘が終了すれば、以後、世界の宝石市場にピンクダイヤモンドが増えることはありません。ますますピンクダイヤモンドの価値が上がっていく、ということになるでしょう。

ブルーダイヤモンドの婚約指輪で幸せをつかむ

カラーダイヤモンドの中では、ブルーダイヤモンドも非常に高い価値を持つとされています。ブルーダイヤモンドは、主に南アフリカの首都近郊の鉱山から採掘されるダイヤモンド。生成過程でホウ素が混じることによって青い発色になるのですが、地中には通常、ダイヤモンドを青くするだけのホウ素が存在していません。そのためブルーダイヤモンドは奇跡的な石とされ、1カラット2億円近い値がついたこともあります。ブルーダイヤモンドには様々な意味が込められていますが、中でも次の3つが有名です。

  • 人と人との絆を強める
  • 知性が向上する
  • 精神力が強くなる

またヨーロッパでは、結婚の際にブルーのアイテムを1つだけ身に付けることで幸せになれる、という考え方があります。日本でもこの考えにあやかり、婚約指輪にブルーダイヤモンドを選ぶ女性も増えているようです。

他にもある様々なカラー

ピンクやブルー以外にも、いくつかの種類のカラーダイヤモンドが流通しています。いくつか代表的なものを見てみましょう。

  • レッドダイヤモンド
    カラーダイヤモンドの中では、最も価値が高いとされています。あまりにも希少性が高いため、お金を出せば買えるというものではありません。
  • イエローダイヤモンド
    華やかな輝きが特徴のイエローダイヤモンド。風水の世界では「幸運の宝石」と呼ばれ、着用した人に福をもたらすとされています。
  • パープルダイヤモンド
    品のある艶やかな紫色を発色します。洗練された気品あふれる女性の指元を魅力的に飾ります。
  • オレンジダイヤモンド
    オレンジダイヤモンドもまた、希少性の高さで知られています。カラーダイヤモンドのコレクターたちでも、なかなか手に入れることができないとのこと。

メレのカラーダイヤモンドを添えた婚約指輪も人気

センターにカラーダイヤモンドを配置した婚約指輪も魅力的ですが、最近では、センターを引き立てるようにメレサイズのカラーダイヤモンドをワンポイントで添えている婚約指輪も人気です。他人とはちょっと違った個性を表現するために、あなたもカラーダイヤモンドをあしらった婚約指輪を検討してみてはいかがでしょうか?

プロポーズにあたり…どうする!?婚約指輪

プロポーズの時期は?シチュエーションは?デートプランはどうすれば?そんな思い悩む男性諸氏の強い味方、それが婚約指輪です。

結納をしないカップルも増えた昨今ですが、それでも婚約指輪の価値は不滅。いつの時代も「はっきりプロポーズしてほしい」と女性は思っているものです。男らしくカッコよく、センスのいい婚約指輪とともにビシッとプロポーズを決めましょう!

しかし話はそう簡単ではありません。「婚約指輪を購入」この段階でも新たな悩みが出てきます。

プロポーズ男性あるある!3つの悩み

  • 彼女の指輪のサイズがわからない!
  • 彼女がどんな指輪が好きなのかわからない!
  • 婚約指輪ができるまで1ヶ月くらいかかると知らなかった!

婚約指輪を渡すにあたり、これらはとてもよくある悩み。「ところで指輪のサイズいくつだっけ?」なんて白々しく聞けないですよね?
そんな悩める男性を救う(?)、各ブランドのプロポーズアイテムに注目してみてはいかがでしょうか?

サイズがわからなくてもOK♪バラが彩るダイヤモンドでプロポーズ!

エクセルコダイヤモンド_ローズボックス

ダイヤモンドブランドNO.1の評価で知られるエクセルコ ダイヤモンドのプロポーズアイテムが「Rose Box」。本物のバラがあしらわれたボックスに、輝くダイヤモンドをセットしてプロポーズできます。プレートに刻印メッセージも入れられるので、一生忘れられない素敵な思い出となりますね。

リングはついていないので、プロポーズ成功のあかつきに2人で仲良くリングを選び、晴れて婚約指輪のできあがり。そんなロマンチックな体験も含めた贈り物となります。

しかも刻印なしなら即日で手に入れられるのもこの商品の魅力。時間がない!なんて悩みもまとめて解決できますよ♪

サプライズプロポーズにぴったり業界初のサイズ調整可能リング!

銀座ダイヤモンドシライシ_スマイルプロポーズリング

国内ダイヤモンドブランドの最高峰・銀座ダイヤモンドシライシからは、業界初のサイズ調整可能リング「Smile propose ring」をご紹介。こちらももちろん指輪のサイズがわからなくても問題なし。スマイルプロポーズリングにダイヤモンドを留めてプロポーズできます。

後日あらためて2人でリングを選べるのはもちろん、プロポーズに使用したリングには美しいカラーストーンを留めてくれます。婚約指輪だけでなく、こちらも思い出に残る2人の宝物になりますね。

「プロポーズアイテムが残る」それが一生の思い出に

紹介した2つのアイテムの共通点は「思い出が形として残る」こと。メッセージが刻まれた「Rose Box」、カラーストーンが彩を添える「Smile propose ring」。どちらも素敵な思い出の品となることは間違いありません。

彼女の指輪のサイズがわからなくても、思い悩むことはありません。彼女への溢れる愛を込めた演出でプロポーズを成功させるために、最高の演出とリングを選びましょう。

ダイヤモンドの品質で選ぶ おすすめブランド3選

4C(ダイヤモンドの品質基準)、輝きの評価、流通経路…など、あらゆる角度からお墨付きの品質を持つ婚約指輪にピッタリのブランドを紹介します。

エクセルコ ダイヤモンド(画像はフェリシテ)

アイディアル アラウンド ブリリアント カット100周年記念リング~Féliciter(フェシリテ)
引用元:エクセルコ ダイヤモンド公式HP
https://www.exelco.com/bridal_jewelry/engagering/feliciter.php

エクセルコ ダイヤモンド

最高の技術がもたらす輝きは
光そのものを身につけているかのよう

「エクセルコ ダイヤモンド」はダイヤモンドの理想形と言われるアイディアルラウンドブリリアントカットを100年前に生み出したブランド。カットの精緻さは世界最高クラスです。また、ダイヤモンドの品質評価に初めて「輝き」を導入したブランドでもあります。 婚約指輪に使われるのは、カット評価3部門で最高位を獲得した「トリプルエクセレント」のダイヤモンドのみ。 その輝きは、まさに光そのものを見につけているかのような美しさです。

エクセルコ ダイヤモンド

婚約指輪の価格帯めやす

250,000~450,000円

ラザールダイヤモンド

画像引用元:ラザールダイヤモンド公式HP
https://www.lazarediamond.jp/collection/engagement/charlotte-2.php

ラザールダイヤモンド

ダイヤモンドの評価基準を作ったブランド

ダイヤモンドのカッティング技術の高さから三大カッティングブランドにも数えられているラザールダイヤモンド。原石の中から選び抜かれたダイヤモンドは、職人たちの手作業で美しさに磨きをかけています。ダイヤモンドの評価基準「4C」のひとつである「Cut」を提唱したのはラザールダイヤモンドの創始者。わずかな光でもダイヤモンドが輝くように、数学的理論に基づいて考案されたカット技術「アイディアルメイク」はダイヤモンドの輝きを最大限にしています。

ラザールダイヤモンド

婚約指輪の価格帯めやす

190,000~630,000円

ロイヤルアッシャーダイヤモンド

画像引用元:ロイヤル・アッシャー公式HP
https://www.royalasscher-jp.com/products/jra0050bp/

ロイヤルアッシャーダイヤモンド

女王が愛したダイヤモンド

ロイヤルアッシャーは1980年に創業した老舗ブランド。「白く上品で明るい輝きを放つダイヤモンド」が特徴です。ロイヤルアッシャーはダイヤモンドの輝きであるブリリアンスを最も大切にしています。ダイヤモンドをより輝かせるためにさまざまなダイヤモンドのカット技術を開発し、ダイヤの輝きと美しさを追求しています。オランダの女王から「ロイヤル」の称号を授与されるほど、ダイヤモンドの歴史に貢献してきたブランドです。

ロイヤルアッシャーダイヤモンド

婚約指輪の価格帯めやす

120,000円~660,000円