激戦区銀座での口コミ評価(Googleローカルガイド)

ブランド名
(公式サイトを開きます)
評価 口コミ数
1. 銀座ダイヤモンドシライシ 4.5 142件
2.エクセルコダイヤモンド 4.5 28件
3.4℃ BRIDAL 4.4 25件

※2019年1月現在(独自調べ)
※ブライダルジュエリー専門店のみ選定

婚約指輪の全てがわかるサイト » 【男性必見】プロポーズを成功させるための準備 » 付き合って4ヶ月でプロポーズされた人の体験談
失敗しないプロポーズの仕方(イメージ)

交際4ヶ月以内でプロポーズは早い?体験談をご紹介

付き合ってから4ヶ月以内でプロポーズをした・された、という声も少なくありません。ここでは、実際に交際4ヶ月以内のプロポーズを経験した人たちの声をご紹介するとともに、交際4ヶ月目のカップルの特徴、結婚までの理想的な交際期間などについて解説します。

付き合って4ヶ月でプロポーズされた人たちの声

まずは、付き合って4ヶ月以内でプロポーズされた、という人たちの声をいくつか見てみましょう。

  • 交際4ヶ月目のプロポーズで結婚。結構楽しい毎日です

    彼と知り合って4ヶ月目で交際スタート。その後4ヶ月目でプロポーズされて、あれよあれよと言う間に結婚にいたりました。本当に彼のことを、結婚するほど好きだったのかは、いまだに分かりません(笑)。当時は、周りからは「結婚を決断するのが早すぎるのでは」と心配されたのですが、今は特に後悔していませんよ。結婚後、彼の色々な面を知ることになったのですが、それがまた楽しいです。

  • 一旦断ったら彼の結婚に対する気持ちが萎えた

    付き合って2ヶ月目の頃、彼からプロポーズされました。私は、結婚するならば彼しかいないと思っていたので、プロポーズ自体はとても嬉しかったのですが、まだ交際2ヶ月ということもあり「もう少し恋人同士でいたい」と、一旦プロポーズを断りました。すると、彼の結婚に対する盛り上がっていた気持ちが一気に萎えたようで、以後は二度と結婚を口にすることもなくなり、やがて破局。あの時、どう答えれば良かったのか、今でも分かりません。

  • 知り合って4ヶ月でプロポーズ。今でもラブラブです

    付き合ってから2ヶ月で彼からプロポーズを受けました。知り合いだった期間も含めると、わずか4ヶ月しか経っていませんでした。私の場合は、付き合ってすぐのプロポーズに、まったく抵抗なし。むしろ、とても嬉しかったことを覚えています。急に決まった話だったので、彼にはお金がなくて、結婚指輪はとてもシンプルなもの。でも彼は「1年後には、もっといい指輪を買おうね」と言ってくれるなど、今でもラブラブな関係でとても幸せです。

  • 4か月目で逆プロポーズして彼がドン引き…。別れちゃいました

    付き合って4ヶ月目に入り、彼とは安定的な交際が続いていました。そこで私は、逆プロポーズ的な意味で「ね、今度、結婚式場のフェアに行ってみない?」と彼を誘ってみたところ、彼がドン引き…。「俺、まだ結婚なんて気はないし…」と、彼がとても困った表情を見せました。互いの結婚への意識が違っていたようで、結局、その日、その場で別れることになってしまいました。最悪です…

  • 交際2週間で結婚。以後20年、仲良くやっています

    出会って2週間でプロポーズをして結婚。以来、早20年が過ぎましたが、今でもなんとか仲良くやっています(笑)。結婚当初、お金がなかった自分でしたが、そんな自分に着いてきてくれた妻に感謝。起業して年収が30倍以上になったり、浮気がバレて大変だったりと、波乱万丈の20年でしたが、まあ、今の妻と結婚したからこそ、面白い人生を送ってこられたと思います。私から言わせてもらえば、プロポーズに早いも遅いもありません。結婚後、互いにどう関わっていくかのほうが大事ですね。

「魔の3ヶ月」を通過!交際が長期化する節目が4か月目

男女交際における俗説の一つに、「魔の3ヶ月」という考え方があります。1ヶ月目、2ヶ月目はラブラブな状態が続いていたものの、3ヶ月目に入り、互いのことを知り過ぎたり、互いの価値観の違いを実感したり、マンネリ化を感じたりなどして、交際3ヶ月目で別れにいたってしまう、というのが「魔の3ヶ月」です。

多くのカップルが経験する「魔の3ヶ月」ですが、付き合って4ヶ月目のカップルは、この大きな壁を乗り越えてきたわけです。その意味において、3ヶ月目のカップルよりも、二人の間には深い絆が生まれているはず。きっと「魔の3ヶ月」を乗り越えたカップルは、以後、交際が長く続く可能性が高くなるでしょう。

互いに深い絆を実感し、なおかつ交際の長期化も予測されるのが、交際4ヶ月目。このタイミングでプロポーズをしたいと考える男性(女性)の心理は、とても自然なことなのかも知れません。

4ヶ月目のプロポーズは早いか?

付き合って4ヶ月以内のプロポーズの声を見ていただきましたが、これら先輩たちの声を見る限り、スピード婚だからと言って、必ずしも結婚生活が不穏になるわけではありません。新婚気分を長く味わえるなど、スピード婚にもたくさんのメリットがあります。

しかし一方で、現実的な観点から見れば、付き合って4ヶ月目のプロポーズ・婚約は、少々早いと考えるのが妥当でしょう。理由は以下の通りです。

  • 価値観の違いを実感する機会が少ない
  • 相手の欠点をよく知らない
  • 相手の親族のことをよく知らない

要するに、付き合って4か月目のカップルは、まだ相手のことをよく知らないのです。

もちろん、結婚して相手のことを深く知っていく過程の中で、ますます幸せを実感する夫婦もあるでしょう。しかし、その可能性を含めても、よく知らない相手と結婚することはハイリスクと言わざるを得ません。結婚後のリスク以前に、付き合って4ヶ月目のプロポーズは、相手から「早すぎる」として断られる可能性もあるでしょう。

急ぐ事情があるならば別ですが、できれば、付き合って1年以上経ってからのプロポーズのほうが理想的です。

プロポーズにあたり…どうする!?婚約指輪

プロポーズの時期は?シチュエーションは?デートプランはどうすれば?そんな思い悩む男性諸氏の強い味方、それが婚約指輪です。

結納をしないカップルも増えた昨今ですが、それでも婚約指輪の価値は不滅。いつの時代も「はっきりプロポーズしてほしい」と女性は思っているものです。男らしくカッコよく、センスのいい婚約指輪とともにビシッとプロポーズを決めましょう!

しかし話はそう簡単ではありません。「婚約指輪を購入」この段階でも新たな悩みが出てきます。

プロポーズ男性あるある!3つの悩み

  • 彼女の指輪のサイズがわからない!
  • 彼女がどんな指輪が好きなのかわからない!
  • 婚約指輪ができるまで1ヶ月くらいかかると知らなかった!

婚約指輪を渡すにあたり、これらはとてもよくある悩み。「ところで指輪のサイズいくつだっけ?」なんて白々しく聞けないですよね?
そんな悩める男性を救う(?)、各ブランドのプロポーズアイテムに注目してみてはいかがでしょうか?

サイズがわからなくてもOK♪バラが彩るダイヤモンドでプロポーズ!

ダイヤモンドブランドNO.1の評価で知られるエクセルコダイヤモンドのプロポーズアイテムが「Rose Box」。本物のバラがあしらわれたボックスに、輝くダイヤモンドをセットしてプロポーズできます。プレートに刻印メッセージも入れられるので、一生忘れられない素敵な思い出となりますね。

リングはついていないので、プロポーズ成功のあかつきに2人で仲良くリングを選び、晴れて婚約指輪のできあがり。そんなロマンチックな体験も含めた贈り物となります。

しかも刻印なしなら即日で手に入れられるのもこの商品の魅力。時間がない!なんて悩みもまとめて解決できますよ♪

サプライズプロポーズにぴったり業界初のサイズ調整可能リング!

国内ダイヤモンドブランドの最高峰・銀座ダイヤモンドシライシからは、業界初のサイズ調整可能リング「Smile propose ring」をご紹介。こちらももちろん指輪のサイズがわからなくても問題なし。スマイルプロポーズリングにダイヤモンドを留めてプロポーズできます。

後日あらためて2人でリングを選べるのはもちろん、プロポーズに使用したリングには美しいカラーストーンを留めてくれます。婚約指輪だけでなく、こちらも思い出に残る2人の宝物になりますね。

「プロポーズアイテムが残る」それが一生の思い出に

紹介した2つのアイテムの共通点は「思い出が形として残る」こと。メッセージが刻まれた「Rose Box」、カラーストーンが彩を添える「Smile propose ring」。どちらも素敵な思い出の品となることは間違いありません。

彼女の指輪のサイズがわからなくても、思い悩むことはありません。彼女への溢れる愛を込めた演出でプロポーズを成功させましょう!